乳酸菌生産物質のとてもイイ話

乳酸菌生産物質のすごすぎる健康サポート効果を大解剖

第一位

乳酸菌生産物質サプリおすすめNo.1
【 ビファイン 】

ビファイン
ビタミンB1などビタミン群も豊富に取り入れていて、女性の体調不良や疲労回復の効果も期待できる乳酸菌生産物質サプリメントです。

公式サイトをみる

第二位

乳酸菌生産物質サプリおすすめNo.2
【 デイリーシャント 】

デイリーシャント
乳酸菌生産物質に加えて、テアニン、ラフマ抽出物、ギャバなどを配合したサプリメント。腸内環境を整え、疲労回復やストレス抑制の効果も期待できます。

公式サイトをみる

第三位

乳酸菌生産物質サプリおすすめNo.3
【 潤性蘇菌 】

潤性蘇菌
クエン酸などを取り入れることで、疲労解消の効果も重視した乳酸菌生産物質サプリメント。優れた体力回復の効果が期待できます。

公式サイトをみる

HOME » ウワサの乳酸菌生産物質なぜなに講座 » どんなふうに働くのか?

どんなふうに働くのか?

身体の中で乳酸菌生産物質はどんなふうに働くのか?その仕組みを解説しています。

乳酸菌生産物質と「腸内フローラ」

乳酸菌生産物質の働きを見ていくうえで理解しておきたいのが、「腸内フローラ」といわれるもの。
腸内フローラとは、腸の中に存在する細菌の集まりのことです。
腸内細菌は腸内の壁にお花畑のように群生していることから、その集まりはフローラと呼ばれています。

腸内フローラを構成しているのは、善玉菌と言われる有用菌、悪玉菌と言われる腐敗菌、
そしてどちらでもないけれど、体調が悪くなると悪玉菌になってしまうような日和見的な動きをする日和見菌です。

有用菌の代表的なものは、ビフィズス菌や乳酸桿菌。悪玉菌の代表はブドウ球菌など。
日和見菌には大腸菌やバクテロイデスなどがあります。
腸内フローラのバランスは人によって異なり、健康であれば、善玉菌が優勢という状態が保たれています
ですが、腸内では常に善玉v.s悪玉のバトルが行われていますから、
腸内フローラで悪玉菌の数が優勢になると、腸内環境は悪化してしまいます。

善玉菌を優勢にするには?

腸内フローラで善玉菌の数を優勢に保つには、善玉菌が好む野菜や果物をしっかり食べる必要があります。
野菜や果物を食べると、腸の中ではオリゴ糖や食物繊維など善玉菌のエサが増えます。
善玉菌はそれを取り入れて分解し、乳酸、酢酸、酪酸などを作ります。
これらの有機酸は腸内を酸性にして、悪玉菌が増えるのを抑えてくれるのです。
また、善玉菌は悪玉菌がつくる腐敗物質を分解してくれる、ビタミンB群なども作り出します。

このように、善玉菌が好む食事習慣を保つことで、悪玉菌が増えるのを阻止し、
腸内フローラを善玉菌が優勢の状態に保てます

乳酸菌生産物質と善玉菌の関係

現在、腸内フローラの状態を良好に保つ食品は、「プロバイオティクス」、「プレバイオティクス」、「バイオジェニックス」の3つに分類されています。

●「プロバイオティクス」
腸内環境を改善させる乳酸菌や乳酸菌製剤などを言います。ヨーグルトのCMなどでも耳にする言葉です。

●プレバイオティクス
腸内で善玉菌のエサになって腸内環境の改善をサポートしてくれる成分です。代表的なものにオリゴ糖や食物繊維などがあげられます。

●バイオジェニックス
腸内環境を改善すると同時に、さまざまな病気の原因にも働きかける成分です。
症状の改善に間接的・直接的に効果を発揮することから注目されており、乳酸菌生産物質はこれに分類されます。

バイオジェニックスに分類される乳酸菌生産物質は、腸内環境を整えると同時に、善玉菌を増やす働きもします。
また、病気の原因に直接働きかけることによる、優れた健康効果も期待されているのです

 

ウワサの乳酸菌生産物質なぜなに講座

乳酸菌生産物質で腸スッキリ健康効果リスト

おすすめ乳酸菌生産物質サプリカタログ