乳酸菌生産物質のとてもイイ話

乳酸菌生産物質のすごすぎる健康サポート効果を大解剖

第一位

乳酸菌生産物質サプリおすすめNo.1
【 ビファイン 】

ビファイン
ビタミンB1などビタミン群も豊富に取り入れていて、女性の体調不良や疲労回復の効果も期待できる乳酸菌生産物質サプリメントです。

公式サイトをみる

第二位

乳酸菌生産物質サプリおすすめNo.2
【 デイリーシャント 】

デイリーシャント
乳酸菌生産物質に加えて、テアニン、ラフマ抽出物、ギャバなどを配合したサプリメント。腸内環境を整え、疲労回復やストレス抑制の効果も期待できます。

公式サイトをみる

第三位

乳酸菌生産物質サプリおすすめNo.3
【 潤性蘇菌 】

潤性蘇菌
クエン酸などを取り入れることで、疲労解消の効果も重視した乳酸菌生産物質サプリメント。優れた体力回復の効果が期待できます。

公式サイトをみる

HOME » ウワサの乳酸菌生産物質なぜなに講座 » 乳酸菌とは何が違うのか?

乳酸菌とは何が違うのか?

注目の健康成分・乳酸菌生産物質は乳酸菌と何が違うのか?詳しく解説しています。

乳酸菌とはまったく違う乳酸菌生産物質

「乳酸菌生産物質って何?乳酸菌を生産する物質のこと?」という方、意外と少なくないのでは?
一言で説明すると、乳酸菌生産物質とは「乳酸菌が腸の中で生み出す物質」のこと。その性質は全く異なります。
ここでは乳酸菌と乳酸菌生産物質の違いについて説明しましょう。

ビフィズス菌やヤクルト菌など、一般的に善玉菌と呼ばれる乳酸菌は、腸などの消化器官に常に存在しています。
この善玉菌が腸内環境を整えることで、食べたものをしっかり消化し、エネルギーに変えることができます。

乳酸菌生産物質は、体内で乳酸菌が発酵されることにより生み出されます。
実は腸内環境を整えるという善玉菌の効果は、乳酸菌生産物質の働きによるものです。
善玉菌のように生きた細菌ではないため、胃酸などの影響を受けにくく、腸まで届きやすい特性があります。
また、腸を健康にすると同時に、生みの親である善玉菌を増やす働きもあり、以下のような好循環をもたらします。

【 善玉菌と乳酸菌生産物質の好循環 】
↓ 善玉菌が乳酸菌生産物質を生み出す ↓
↓ 乳酸菌生産物質が腸内環境を整え、善玉菌も増やしてくれる ↓
↓ 増えた善玉菌がさらに多くの乳酸菌生産物質を生み出す ↓

乳酸菌生産物質の種類は非常に多く、得られる健康効果もさまざま。主なものを挙げると、
アミノ酸、ビタミン、ミネラル、イソフラボン、アミノ酪酸、オルニチン、フロスフラチジルセリンなどがあります。
どれも体に良いもの、必要なものとして知られている成分ばかりです。

研究によって実証されている健康効果

乳酸菌生産物質の健康効果としては、まず便秘の予防・改善など整腸作用に関わるものが挙げられます。
お通じの不調全般の解消と、それによってもたらされる肥満改善、お肌の状態が良くなるなどの効能も効果といえるでしょう。

加えて近年の研究や臨床試験などにより、アレルギー症状の予防や改善にも効果があることがわかってきました。
また、医学的な理由はまだ未解明ですが、現代人の多くが該当するさまざまな症状が改善しているという報告もあります。
その中でも注目したいのが「免疫力の向上」です。
これによって、以下のようなメリットが期待されています。

  • 疲れにくくなる
  • 風邪などをひきにくくなる
  • 精神的なストレスを感じにくくなる
  • 質の良い睡眠ができ、目覚めもよくなる

他にも、血圧の正常化、血中コレステロールの低下、高脂血症・生活習慣病・うつ病・ガンなどの予防と改善も期待できるとのこと。
腸には免疫細胞の6~7割が腸に集中していると言われますから、
乳酸菌生産物質が腸、そして全身を元気にするというのもうなずける話なのかもしれません。

 

ウワサの乳酸菌生産物質なぜなに講座

乳酸菌生産物質で腸スッキリ健康効果リスト

おすすめ乳酸菌生産物質サプリカタログ